小鼻の黒ずみが取れない

小鼻の黒ずみが取れない場合はまずこれを試して!

 

 

頑固な黒ずみが取れない場合は、
黒ずみが取れるように毛穴を柔らかくすることから始まります。

 

 

洗顔をしてきれいになるのは、角栓が酸化せず柔らかい状態の場合のみです。
黒ずみが取れないのであれば、
まず毛穴をきれいにするためにオイルを綿棒でつけてみてください。

 

 

 

オイルマッサージ

 

 

オイル同士は、くっつく性質があります。

 

その性質を生かせば、黒ずんだ皮脂はうまく取り除くことができます。

 

綿棒につけてころころと小鼻の黒ずみをマッサージしてみてください。

 

 

 

ピーリング

 

 

毛穴パックをしたり、古い角質を指の腹の部分で押し出したり、
ピーリングジェルなどを使ってみてください。

 

 

1週間に2回までを限度としてくださいね。
ピーリング自体の意味は、皮膚をはがすことを指します。

 

 

無理矢理に負担をかけてしまうということになりますので、
再々は皮膚状態の悪化につながります。

 

 

小鼻の黒ずみが取れない本当の理由は、これかも!?

 

 

意外に多いのが、クレンジングがあってないことなんです。

 

 

 

汚れをきれいに落とすのは同じですが、
洗浄力はそれぞれによって変わってきます。

 

 

 

クレンジングに含まれるのは、界面活性剤です。

 

 

 

界面活性剤が含まれていれば含まれているほど、
肌に対する刺激は大きくなります

 

 

 

その影響が大きいほど、小鼻の毛穴なども開く可能性があるんです。

 

 

 

使用する際には、クレンジングに入っているものをまず確認してみてください。
そしてあなたのお肌に最適なのかということもあわせてみてくださいね。

 

 

その場しのぎの小鼻ケアは基本的にNG!

 

 

黒ずみがとりたい一心で結論を急ぐようなケアの仕方は、
絶対にやめて下さい。

 

 

毛穴パックなどやったすぐはきれいになります。

 

 

刺激は、強く毛穴が開いたままの状態になりますので、
結果的にまたそこに皮脂や汚れなどが詰まってしまいます。

 

 

 

小鼻の黒ずみが改善できるどころか、悪化する可能性が高いですよ!
ひどくなる前に、小鼻の状態チェックをしてくださいね。

 

 

 

その場しのぎのケアをしているかどうかは、
状態を見れば大体わかります。

 

 

 

洗顔の仕方も間違えていると同じ事が言えます。

 

 

取れない時は皮膚科受診も視野に入れて♪

 

 

どんなに努力をしても、改善しないことはあります。
そんな時は、医療の力を借りてみるのもありです!

 

 

 

スペシャリストにどのようにすればいいのかという指示を仰いでみてください。
そうすることで解決の糸口が見つかる可能性は、十分にあります。

 

 

 

病院受診してもまず言われることは、洗顔の仕方や食生活・生活環境などです。
そのあたりの見直しもしてみてくださいね。

 

 

 

小鼻の黒ずみが取れただけでも、見た目が全然変わりますよ。

 

 

 

専門家の手助けを借りることを避けるよりも、
早く解決するほうが良いと思いませんか?

 

 

 

自分だけの力で解決しない場合も当然あります。

 

 

角栓がオイルで柔らかくしても、
取れなかったりする場合も状況によってはあり得ます。

 

 

 

そんな時は、医療の力を借りるべきですね。

 

 

小鼻の黒ずみが取れない!そんな時は?のまとめ

 

 

・小鼻の黒ずみ取れない場合はまずこれ!
オイルマッサージ・ピーリング

 

 

・小鼻の黒ずみが取れない本当の理由は?
クレンジングがあっていない。

 

 

・その場しのぎのケアはNG
逆効果になることが多い。

 

 

小鼻の黒ずみが取れない場合の対処方法についてご紹介しました。
最終的な判断として皮膚科の受診をすることも考えてみてください。