白いポツポツ

間違いケアをする理由とは?

 

小鼻の毛穴には、白いポツポツが詰まりやすくなっています。
この白いポツポツが角栓で、たんぱく質が70%と皮脂が30%でできています。

 

そのままにすると黒ずみなどの原因にもなるので取り方を解説しましょう。

 

 

ポツポツ

 

 

小鼻のポツポツが白く目立っていることに悩む人は多いですが、
ほとんどの人が皮脂汚れだと勘違いしています。

 

 

確かに小鼻はオイリーになりやすいので、
油分が固まったと思うのも当然でしょう。

 

 

その結果、オイリー解消と同じケアをするので、
小鼻の白いポツポツを改善できないと悩んでしまいます。

 

 

 

もちろん30%は皮脂でできているので、ある程度は効果が出たように見えることもありますが、
70%を占めているたんぱく質(古い角質)を取り除くケアの方が、
効果にも満足できるでしょう。

 

 

また、爪で押すと簡単に取れるので、この方法を繰り返してしまいますが、
肌が傷つくと守るために角質を蓄積させるので避けたほうがよい方法です。

 

 

毛穴が広がった状態で固定化されると、
セルフケアでは治しにくくなる場合もあるので注意しましょう。

 

 

多くの人は間違いケアをしていたり自己流でやってしまい
改善しないまま時間が経っている事が多いです。

 

 

そのため1日でも早く正しいケアを実践することが
早く解決する秘訣でもありますね。

 

たんぱく質を溶かして新陳代謝促進!

 

角栓の多くを構成しているたんぱく質を溶かす成分には、
美容成分として知られるものがたくさんあります。

 

例えば、洗顔にも使われる酵素は、たんぱく質を分解する作用に優れています。

 

 

食品の中にも含まれているたんぱく質分解酵素をスキンケアにも活用できれば、
小鼻にできる白いポツポツを解消しやすくなります。

 

 

また、ピーリング剤にも使用されるAHAは、効果的に古い角質(たんぱく質)除去を促します。

 

 

ただし、角質はなくて良いものではありません。
肌を守るために最低限の角質は必要なので、たんぱく質を分解するスキンケアは、

 

週末だけにするなどスパンを決めて実践してください。
肌に休息を与えながら、低刺激にすることも大切です。

 

 

洗顔前の肌コンディションが不安定なときや、過度の疲労が蓄積するときは、
スペシャルケアがダメージに繋がる可能性もあります。

 

 

肌も自分自身もコンディションが良いタイミングで、ケアをしてください。
見極める事は大切ですね。

 

たんぱく質を溶かした後のスキンケアには?

 

小鼻の白いポツポツのケアに、酵素やAHAなどの有効成分を使った後は、
古い角質を除去したデリケートな状態になっています。

 

 

連続して刺激が加わると、白いポツポツよりも小鼻の赤みの方が目立ってしまうでしょう。
ポツポツを取るケアの後は、低刺激のスキンケアで肌を休ませることが重要です。

 

 

化粧水を浸透させるのもコットンでパッティングするのではなく、
指で軽く押さえて浸透させる方法が適しています。

 

 

 

以上がポツポツを取るコツを紹介しました。

 

このような方法で試してみて下さい。
どの成分を使うか?その後のケア方法はどうすればいいのか?など
やり方はあります。

 

 

肌に合わなければ違う方法を試してみるの繰り返しだと思います。
私も昔はひどかったです・・・
今思えば、適当に自己流でやっていたのが悪かったです。

 

 

今は情報はたくさんすぐ手に入る時代です。
その分、見極める事は重要になってきていますね。