鼻黒ずみの落とし方

鼻の黒ずみを落とす落とし方にはどのようなものがある?

 

 

 

鼻の黒ずみの悩みを解決する落とし方の方法をお伝えします。
鏡を見て鼻の黒ずみがあると落胆してしまいますよね。

 

いきなりなるわけではなく、積み重なって鼻の黒ずみは起こります。
落とし方について詳しく書いています。

 

 

 

鼻の黒ずみの落とし方を調べてみるといろいろなものがありました。

 

 

 

その方法がコチラ。

 

 

@ワセリン

 

Aピーリング

 

B酵素洗顔

 

 

鼻の黒ずみを改善すると人気のものばかりです。

 

 

 

1つずつ見ていきましょう。

 

 

 

 

@ワセリンで鼻の黒ずみを落とす方法。

 

 

ワセリンは、天然由来成分です。

 

 

油が含まれており古くなった角質や角栓、
皮脂などの老廃物を溶かす性質があります。

 

 

 

寝るときに塗ってから朝起きてふき取り洗顔をするようにしましょう。
油がたくさん含まれているためべとべとします。

 

 

 

長時間置くのは、乾燥肌になる原因とされています。
起きている時間にするほうが良いかもしれませんね。

 

 

 

 

Aピーリングで鼻の黒ずみを落とす方法。

 

 

 

ピーリングは、剥がすという意味を持ちます。
毛穴に詰まった黒ずみなどを剥がしとります。

 

 

 

ピーリングのしすぎは肌にとっては、あまりよくありません。
月に2回程度までが望ましいですね。

 

 

 

 

 

B酵素洗顔

 

 

 

一番効果が期待できるのが酵素洗顔です。

 

 

 

鼻の黒ずみの原因となる角栓の酸化したものの古い皮脂は、
たんぱく質でできています。

 

 

 

たんぱく質を分解する酵素で洗顔を行うことで黒ずみが解消できますよ!
即効性もありますので、一番おすすめです。

 

 

 

酵素洗顔をするときは、自分に合ったものを選んでくださいね。

 

 

鼻黒ずみには基本のスキンケアは忘れないで!

 

 

 

鼻の黒ずみの落とし方はいくつか方法をご紹介しました。

 

 

 

落としただけでは、鼻の黒ずみが改善されるわけではありません。

 

 

 

落とした後は、洗顔と保湿をしてください。
黒ずみが取れるということは、毛穴がからの状態になるということです。

 

 

 

からの状態になったままでほったらかしにしてしまうと、
そこからまたほこりや皮脂がたまるようになります。

 

 

 

保護をする必要があることをきちんと覚えておいてくださいね。

 

 

 

鼻の黒ずみ落としの裏話

 

 

 

鼻の黒ずみ落としといえば、
聞かないことはないくらい有名なオロナインパック。

 

 

 

効果があると評判ですよね。

 

 

 

オロナインに含まれる成分が、
肌にいる常駐菌まで殺してしまうというデータがあります。

 

 

 

毛穴がすっきりしてしまうために、
保湿をしっかりしなければ乾燥肌になるとの噂までもあります。

 

 

 

専門家の方意見を調べてみても、
あまりお勧めができない方法という情報が多くありました。

 

 

 

改善するためにするのではなく逆効果なことをしているという見解になっています。

 

 

スキンケアのやり方を間違えてはダメ

 

 

 

鼻の黒ずみが気になるために、必要以上の回数洗顔することは
絶対にやめてくださいね。

 

 

 

毛穴が空っぽになると脳からの指令が出て、
皮脂分泌が活発になります。

 

 

 

そのままでの放置は絶対にしないでくださいね。
化粧水と乳液などのクリームをきちんとつけて保護をするようにしてください。

 

 

 

Tゾーンは、おでこから鼻に向けてのラインのことを言います。

 

 

 

そのラインはほかの皮膚よりも多くの皮脂腺があるために、
皮脂がたまりやすくなっています。

 

 

 

皮脂がたまりやすくなっているということは、
黒ずみも状況によっては起こりやすい状態であるといえます。

 

 

 

基本に忠実なスキンケアをするようにしてくださいね。

 

 

鼻黒ずみの落とし方には何がある?のまとめ

 

 

 

鼻黒ずみの落とし方
ワセリン・ピーリング・酵素洗顔

 

 

オロナインパックの裏話
あまりお勧めはできない。

 

 

スキンケアのやり方
基本に忠実に。

 

 

見た目も鼻の黒ずみがあると変わってきますね。
ご紹介した方法を試してみてください。

 

 

基本的なことを忘れずに、
丁寧な洗顔と保湿をし乳液などで保護をするようにしてください。