寝る前のいちご鼻

寝る前のひと手間ケア!

 

いちご鼻を治すために、寝る前の時間も使いたいと思う方が多いです。
また、寝ている間に効果を発揮するなら、そのケア方法も有効活用したくなるでしょう。

 

 

そこで寝る前の時間を活かす、いちご鼻ケアを取り上げます。
オススメの方法を紹介するのでやってみてください^^

 

 

寝る前

 

 

 

帰宅後に洗顔やスキンケアを済ませている方は、寝る前にもひと手間加えることで、
いちご鼻のケアを充実させましょう。
特に肌が乾燥しやすい方や、肌が乾燥するシーズンに便利な方法です。

 

 

スキンケアでつけているクリームを、いちご鼻の気になるところに厚く塗ります。
クリームで肌の色が隠れる程度の量を目安にしてください。

 

 

そのまま、10〜20分ほど放置してから、コットンで優しくふき取ります。
こすらないように取り除くのが、一番のポイントです。

 

 

時間をかけてなじませることで、クリームの中の美容成分が浸透して肌が柔らかくなります。
寝ている間に乾燥する肌をカバーできる効果もありますが、
過剰な油分を残すといちご鼻の汚れをためる原因になります。

 

 

力を入れずに丁寧にふき取るのがコツです。
コットンでふき取った後、油分が取り切れていないと思ったときは、
ティッシュで押さえて取り除いた方が、肌に刺激を与えることなくすっきりします。

 

寝ている間もいちご鼻ケア

 

ニキビでも肌につけて寝ている間に効果を発揮する医薬品があります。
もちろん、いちご鼻にも寝ている間のケアがあります。

 

 

切り傷用の軟膏やワセリンは、寝る前に落としきれなかった黒ずみ角質を溶かして、
翌朝の洗顔ですっきり洗い流すことに役立ちます。

 

 

洗顔前につけるだけでは時間が足りない場合もあるので、
就寝前につけて翌朝までそのままにします。

 

 

起床してからコットンでふき取って、朝の洗顔やスキンケアをするだけでも、
十分な効果を実感できるのが特徴です。
また、寝ている間に肌が乾燥することを防ぐ役割もあります。

 

 

このように寝ている時間を有効活用することでケアできる方法はあるので
普段忙しくてゆっくりとケアできない人は寝る前にできるやり方をしてみることで
時間を無駄にすることなく改善への進めるのでオススメですね!

 

注意点を把握する!

 

いちご鼻のケアでは保湿が重要ポイントになります。
ただし、寝ている間にシート状の保湿マスクをつけていると、
さらに肌が乾燥するリスクが指摘されています。

 

 

そのため、寝る前にクリームでパックをしたり、寝ている間にワセリンをつけたりしている方が、
保湿効果が高くなるでしょう。

 

 

寝ている間のケアをする場合は、枕や布団につけて寝具を汚したり、
いちご鼻の部分を衛生的に保てなくなったりすることがあるので、
マスクをつけて寝るなどの対策をすると効果的です。

 

 

 

マスクをつけても口や鼻の保湿ができるので、いちご鼻のケアをレベルアップできる可能性もあります。
もちろん合う合わないはあるかと思いますが、合いそうでしたらやってみてください。
無理にする必要はないです。

 

 

以上が寝る前のいちご鼻ケア方法です。
いつものケアに少し手間をかけることで寝ている間もケアできるのは嬉しいですよね!

 

 

知っているか知らないかでも全然違うと思うのでまずは実践してみて
継続できそう合いそうだったら続けて、面倒で合わなそうなら違う方法を試してみるという
流れが良いと思いますね。

 

 

またさらにいちご鼻専用のケア商品も売っているので気になる方はチェックしてみるといいですよ。