いちご鼻が全く治らない場合は?

泡洗顔より高密着

 

どんなに頑張っても、いちご鼻が全く治らないとどうしていいのかわからなくなってしまいます。

 

いちご鼻のケア方法は全部試したのに、と思っている方にも参考になる方法を取り上げます。
これをまず試してみてから次何をするか考えてみるといいと思います。

 

 

全く治らない

 

 

いちご鼻の洗顔には、汚れの吸着力が高い泡洗顔をして、
肌に刺激を与えないことがお薦めされています。
しかし、丁寧な泡洗顔でもいちご鼻が全く治らないという人もいます

 

 

洗顔ジプシーになってしまい、
いっそのこと洗浄力の強い洗顔をしてしまおうかと思ってしまうのも当然です。
そこで、洗顔方法をさらにパワーアップするために、クレイタイプやジェルタイプの洗顔料も便利です。

 

 

クレイタイプは乳液のようなとろみがあり、肌への密着度が高くなっています。
ジェルタイプの洗顔料も同じです。

 

泡立てずに肌に塗って洗顔することで、いちご鼻のざらつきをきれいに洗い流すことができます。

 

 

低刺激の洗顔は理想的ですが、弱酸性では肌に優しすぎて、
いちご鼻が全く治らない可能性もあるので、
弱酸性以外のクレイタイプもしくはジェルタイプの洗顔料が良いでしょう。

 

 

治らないのは洗顔料の場合もあるので一度今使っている洗顔料をチェックしてみてください。

 

洗顔前に手洗いを行う

 

洗顔の前に手を洗う方が少ないのですが、手には雑菌がたくさんついています。
ハンドクリームを使用したりする女性の手は、特に雑菌が増えやすく、
場合によってはトイレのスリッパと同じレベルという話もあるほどです。

 

 

ニキビの一種でもあるいちご鼻のケアをするときは、
雑菌を避けたほうが効果を出しやすくなるでしょう。

 

 

洗顔前に手洗いをして、綺麗にした手で洗顔をすると、
いちご鼻に雑菌を残すことなく清潔に保てます。

 

忙しいと忘れやすいポイントですが、ワンステップ追加するのも有効な手段です。

 

 

私は必ず洗顔前には手を洗うようにしています。蛇口は目に見えない汚れなどが
付いている可能性が高いので、汚い手で洗顔してしまうと顔に付いてしまいます。

 

 

とくに今はスマホを触る回数も多いですし、その手で鼻を触ったり
顔を洗ったりしていたら汚いですよね?

 

 

もし洗顔前に手を洗っていない方は洗うようにするといいと思います。

 

スキンケアをグレードアップさせる!

 

いちご鼻はニキビの一種でもあり、毛穴トラブルでもあります。
何をやっても全く治らないという方は、
毛穴専用もしくはニキビ専用スキンケアシリーズを使用してみるのもお薦めです。

 

 

洗顔からスキンケアの3ステップまで、同じシリーズを使用すると、
相乗効果も期待できることからいちご鼻を治しやすくなります。

 

 

専用のスキンケアシリーズは値段が気になるという声もあるので、
トライアルセットやお試しセットを使ってみて、
少しでも変化が見られたら長く使ってみる方法もあります。

 

 

効果や口コミなどを調べても、実際に使ってみないと
自分の肌に合うかどうかはわかりにくいのがスキンケアです。

 

低価格のお試しがあると、気軽に試せますし、
相性が良くないと思ったときに他のスキンケアに切り替えやすいのがメリットです。

 

 

今ではいちご鼻専用のケア商品もあるので、今までいろんな事をしても全く治らないという方は
使ってみる価値はあります。

 

 

治らないという方は、ケア方法が間違っていたり食生活や不規則な生活をしている事が
多いので、まずはそれらを正さないと根本的に治らないでしょう。

 

 

今日からできる事を取り入れてやってみてください。
他の記事にも参考になることがたくさん書いているので一緒に読んでみてください。