鼻の毛穴黒ずみ治らない

鼻の毛穴黒ずみが治らない間違いケアはこれ

 

鼻の毛穴の黒ずみをケアしていても、なかなか治らない場合があります。
このようなときは、間違いケアをしていないのかを再度確認して、
毛穴を治す方法を見直してみることが大切です。
それでは見ていきましょう!

 

鼻毛穴黒ずみ

 

鼻にできる毛穴の黒ずみはとても目立つので、早く治したいと思うでしょう。
これは同じ悩みを持つ方の間でも、共通認識だといえます。

 

ところが、スキンケアで少しずつ改善するのが、鼻の毛穴黒ずみの基本的な考え方です。
効果が待ちきれないと、黒ずみの原因となっている角栓を絞り出してしまえば、
早く治せるという誤解が生まれているのも事実でしょう。

 

 

角栓を爪で押し出したり、力を加えたりするほど、皮膚の防御機能から角質が固くなり、
毛穴を小さくすることが難しくなります
その間も、毛穴に汚れが溜まるので、
鼻の毛穴黒ずみが改善できないという悪循環が生まれてしまいます。

 

とても危険なケア方法です。
これを癖になってしまう方も中にいて、鏡を見るたびに気になって
いじってしまうのはやめましょう。

 

デイリーケアの再確認をしよう!

 

毎日の洗顔からスキンケアを、一度見直してみましょう。
洗顔では肌を強くこすらず、指の腹で優しく洗うのが基本です。

 

洗顔料は普段使いのもので構いませんが、汚れや古い角質の吸着力が高い泡洗顔がお薦めです。
すすぎ残りのないように洗顔が終わったら、清潔なタオルでこすらないように水分をふき取りましょう。
軽くタオルを当てる程度が良いといわれます。

 

スキンケアは、化粧水を肌の奥まで浸透させ、油分を含むクリームでカバーすると、
肌の乾燥を防ぐことができます。

 

 

このスキンケアの際も、
肌を刺激するパッティングよりも手の平を顔に当てて成分を浸透させる
ハンドプッシュの方法が推奨されています。

 

ただし、鼻の毛穴には手の平が当てにくいので、
両手のそろえた指先でそっと鼻を挟むように浸透させます。

 

肌に刺激を与えない毛穴の黒ずみケアには時間がかかりますが、
間違いケアを続けると鼻の毛穴の黒ずみが治らない可能性が高くなるでしょう。

 

正しいやり方を継続して続けていきましょう。

 

スペシャルケアの再確認!

 

毎日するデイリーケアの他に、週末のスペシャルケアをすると毛穴の黒ずみが治しやすくなります
ピーリングやパックなどの方法があるので、先に間違いケアを取り上げましょう。

 

ピーリングはスクラブの入ったものを使うと、毛穴黒ずみが早く治るイメージがあります。
また、パックは毛穴の角栓を取りやすいはがすタイプを使う方が多いでしょう。

 

さらに保湿のためのパックには、シートに化粧水がしみこんだタイプを張り付けたまま寝ると、
保湿効果が高いように見えます。

 

 

これらの間違いケアを正しいケアに直すことができます。
ピーリングはできればスクラブの入っていないピーリング剤に置き換えるか、
自然由来の成分で肌に刺激を与えないように実践しましょう。

 

角栓をはがしとるパックは、角栓を除去できても肌への刺激が強いので、あまりお薦めできません
どうしても使いたい場合でも、使用頻度を少なくした方が良いでしょう。

 

保湿のために顔に張り付けるシートのパックは、一晩中肌に乗せたままでは、
肌を乾燥させて逆効果になるといわれています。

 

決められた時間ではがしておくと、肌の保湿効果が高くなります。
鼻回りの皮膚を乾燥させることもないので安心です。

 

毛穴解消商品もオススメ

 

日々の毛穴ケアはとても大切です。正しい方法を継続する事で
黒ずみも目立たなくなってきます。
やるかやらないかで大きく変わるのでぜひやってみてください。

 

これと同時に一緒にやって欲しいのが、毛穴に特化した美容液です。

 

毎日ケアしていてもなかなか治らずにどうすればいいのか?悩んでいる方には
一度ぜひ使って欲しいです。

 

鼻の毛穴トラブルにはリメリー!がオススメ

 

 

これでかなり改善する方もいるので気になる方はご覧下さい。

 

毛穴はすぐに良くならないので、何度も言いますが継続が大事になってきますね。
良くならない方は途中で諦めてしまうので結局は治らないのです。

 

本気で取り組んで最低1年は続ける覚悟の気持ちは必要だと思います。
続けていけばコツや新たな発見もあるのでいいことだらけです。

 

鼻の毛穴黒ずみをどうしても改善したい人はやってみてください。