鼻の角栓を綺麗にする方法

毎日実践するケア方法

 

鼻の角栓を綺麗にする方法の中でも、日々実践したほうがよいケアがあります。
角栓は放っておくと黒ずんで、さらに目立つこともあるので早めにケアを始めましょう。
早速見ていきましょう!

 

 

角栓綺麗

 

 

毎日する洗顔やクレンジングの方法がレベルアップできると、
角栓をきれいにする方法が順調に進んでいきます。

 

 

洗顔の前に手を洗い、顔をぬるま湯ですすいでから泡洗顔、
泡が残らないように丁寧にすすいでから清潔なタオルで水分を取る程度に拭いておきましょう。

 

 

洗顔のステップで洗顔料を泡立てるのが大変だという人は、
初めから泡になっているタイプの洗顔料を使うと時間の短縮ができます。

 

 

洗顔を終えたら、スキンケアです。

 

 

 

洗顔後も角栓がとても目立つ人は、鼻だけでよいのでふき取り用化粧水を使ってみましょう。
古い角質を取る効果が高いので、角栓除去にも効果が期待できます。

 

 

化粧水はハンドプレスで浸透させたいところですが、
朝は忙しいという方が多いので夜にハンドプレスの保湿をしましょう。
最後にオイル成分の入った乳液やクリームを塗ったら、スキンケアは完了です。

 

 

毎日実践するケアとしては当たり前かもしれませんが、
意外と適当にやっている方が多いので1つ1つチェックして
ケアを行う事が綺麗な毛穴を目指せます。

 

時間があれば実践したほうがよいケアとは?

 

時間に余裕があるとき向けの角栓を綺麗にする方法は、
洗顔の前に角栓のある鼻へ軟膏や美容液オイルを塗る「角栓溶かしステップ」です。
指の力が入りやすいなら、綿棒を使用します。

 

 

ただし、綿棒でも力を入れてしまう人は持ち方を変えてみましょう。
親指と人差し指・中指で持つとかなり力が入るので、
親指と人差し指だけで綿棒を持つと少し不安定になりますが刺激を与えずにケアできます。

 

 

また、横に寝かせて持つと同じく力が入るので、
綿棒の先端だけで軟膏やオイルを角栓になじませるようにしてください。

 

 

そのあとは、デイリーに実践している洗顔とスキンケアをしてください。
オイル成分を鼻につけているので、鼻の部分は普段より時間をかけて洗顔するのがコツです。
時間がある方は試してみてください。

 

時間の余裕があるときにするケア

 

毛穴が開くと残っている角栓は除去しやすくなるので、肌を温めてから洗顔をすることは大切です。
時間があるときにしかバスタブにつからないという方は、
そのタイミングに合わせて角栓ケアをしましょう。

 

 

シャワーだけの時よりも効果的です。
体が温まるバスタイムの後半に洗顔をするか、
アフターバスで洗顔をした方が、毛穴開きも良く角栓ケアの洗顔が効果を発揮しやすくなります。

 

 

毛穴を開くステップを用いた時は、必ず最後に冷水洗顔で毛穴を引き締めるか、
スキンケアに収れん成分の入った化粧水を使用しましょう。

 

 

毛穴が開いたままでは、新しい角栓を生む原因になるからです。
バスタイムは湯気で肌が柔らかくなるので、ピーリングをするのにベストタイミングです。

 

 

強い作用のピーリング剤を使用しなくても角質と角栓を除去できるので、
週末などの時間があるときに同時進行しましょう。

 

最後に

 

以上が鼻の角栓を綺麗にするために行った方がよいケア方法です。

 

少し面倒だなと感じた方もいるかもしれませんが、
一度マスターすれば難しくないですし、簡単に行う事ができるようになります。

 

 

ただここで注意してほしいのが、日々同じケアをしていると
どうしても適当になりがちになります。

 

 

「毎日ケアしているのに綺麗にならない!」という方は一度
ケア方法を確認してみてください。

 

 

 

「しっかりと洗顔していなかった」とか「やり方を間違っていた」など
あるかもしれませんからね。

 

 

私も時々適当になることもあるので気をつけています(笑)

 

 

正しい事を毎日継続していれば、毛穴は綺麗になると思います。
ですので諦めずにとにかく続けていきましょう。
これが綺麗になる一歩だと思いますね。