鼻の角栓の取り方

たんぱく質にアプローチするテクニック法!

 

鼻の角栓の取り方は様々ですが、確実に取る方法だけ知りたい!というのが切実な願いでしょう。
そこで、刺激を徹底的に減らして、確実に角栓を取る方法を取り上げます。

 

悩んでいる方は一度読んでみて下さいね。

 

 

角栓取り方

 

 

角栓が詰まっていて少しでもはみ出ていると、つまんで取り除きたい衝動に駆られるでしょう。
しかし、自然に取れるとき以外は、無理をしないのが賢い方法です。

 

 

引き抜くとか押し出すといった方法は、即効性があり気分もすっきりしますが、
根本的な解決にはなっていません。

 

 

角栓を溶かして取り除く方が、将来的な毛穴の悩みも解決してくれるでしょう。
角栓の70%はたんぱく質でできています。

 

 

つまり角栓の悩みの70%は、たんぱく質を溶かす方法で解決できると考えて構いません。
フルーツ系の酵素や炭酸を用いた洗顔は、角栓の取り方の中でも確実性が高いです。

 

直接肌を刺激することもないので、安全かつ効果的だと思って良いでしょう。

 

 

このように成分を理解すればどのような解決法をしたらいいのかが
わかります。むやみやたらにやる事は肌を傷める原因になりますので注意が必要です。

 

皮脂にアプローチするテクニック法!

 

角栓の残り30%は油分でできています。たんぱく質を溶かす方法と合わせて、
オイル分解のテクニックを用いれば、角栓はほぼ確実に解決できるでしょう。

 

 

油分に対してアプローチする角栓の取り方は、
オイル成分をなじませて乳化した後に洗い流すことです。
油と水は親和性がないので、乳化のステップが重要です。

 

 

もちろん、ふき取るケアも利用できるので、ケアにかけられる時間に合わせた方法を選択します。
注意するのは、ふき取りの際に肌が赤くなるような拭き方をしないことです。

 

 

2つの方法を併用すると、たんぱく質も油分もとかした角栓の取り方ができるでしょう。
洗濯と同じで落としたい汚れに合わせた対処方法を用いますが、
最も大きな違いは、肌にダメージを与えてはいけないということです。

 

 

肌に優しいテクニックを身につけて実践すると、確実な角栓の取り方がマスターできます。
ぜひこの際に覚えておいてくださいね。

 

角栓を復活させないスキンケア方法とは?

 

角栓を復活させないために必要なのは、毛穴を小さくすることです。
毛穴を小さくするのに最も効果的なのは、地道な方法ですが徹底的な保湿と潤いの閉じ込めです。

 

 

乾燥すると肌は固くギュっと固まってしまいますが、
潤いに満ちていればふっくらと柔らかくなって毛穴を押すように小さくしてくれます。

 

 

肌のハリを増すことで、再び毛穴を広げ角栓の入る余地を作せないのもメリットです。
確実に角栓を取る方法を実践したら、角栓が入り込む隙間をなくすステップが必要です。

 

 

鼻の皮膚は敏感でオイリーになりがちですが、低刺激の保湿を心掛けると、
毛穴開きが解消され角栓は溜まりにくくなっていきます。

 

 

 

以上が確実に角栓を取る方法をご紹介してきましたが、
他にもいろんな方法はあると思います。

 

 

しかし、基本や仕組みは同じです。
私はいかに基本を正しく実践するかによって角栓もキレイになるか決まると思います。
早く改善したいからといって、いろんな事を試し過ぎている方も多いです。

 

 

それだと、どれが良いのか分からなくなり結局、改善しないままになります。
ですので、まずは基本をしっかり身につける事が大切だと思いますね。

 

 

また、どうしても解消されない方は、毛穴ケア専用の商品も当サイトで紹介しているので
一度試してみるのもいいと思いますね。