鼻の角栓穴

洗顔とクレンジングにも美容成分

 

鼻の角栓ができるのは、毛穴の広がりがあるからです。
毛穴が広がらないようにするのが一般的な治し方ですが、

 

角栓が詰まると治しにくいという悩みを持っている方も多いので、
まずは治し方を見直してみましょう。

 

 

鼻角栓

 

 

洗顔やクレンジングは、顔に残っている皮脂汚れやメイク汚れを落とすのが主な役割です。
しかし、洗顔料・洗顔石鹸やクレンジングは、
年々進化していて美容成分を配合したものが増えています。

 

 

特にエイジング肌は、洗顔やクレンジングで皮脂や肌の美容成分を失いやすいので、
洗いながら補うことに重点を置くようになっています。

 

 

年齢に関わらず毛穴の悩みに、エイジング肌向けの考え方が応用できます。
鼻の毛穴が目立つ人は、肌に優しい洗顔と保湿が重要だといわれています。

 

 

洗顔しすぎると肌が乾燥し、刺激があれば肌に角質が溜まるところが、
毛穴ケアの難しいところです。

 

 

エイジング肌向けの洗顔料やクレンジングを使用することで、肌を清潔に保ちながら、
スキンケアでは補いきれない美容成分を補給しましょう。

 

保湿と収れんのダブル効果!

 

角栓と毛穴の悪循環を解消するには、洗顔後にたっぷり保湿するスキンケアをするのが基本です。
そして、化粧水の浸透後に、肌を冷やして毛穴を引き締める方法も浸透してきました。

 

 

ただし、肌を冷やすステップに時間をかけられない人もいるでしょう。
その場合は、化粧水に収れん効果のある成分が配合されていれば、
毛穴や角栓のケアをしやすくなります。

 

 

化粧水に収れん効果があると毛穴を引き締める効果が期待できるので、
朝のスキンケア後にメイクをしても、
毛穴にファンデーションが入り込むことも防げるようになるでしょう。

 

 

日中に汗をかいても、汗とファンデーションの混ざったものが、
毛穴に入り込んで酸化するリスクを低くできます。

 

肌が敏感な人は、天然由来の収れん成分を配合した、
スキンケア化粧品を選べば、肌トラブルの不安も解消できます。

 

トリプルステップ洗顔を活用する

 

鼻の毛穴と角栓が気になっていると、顔全体の洗顔中に鼻を重点的に洗う人が多いです。
一度の洗顔で済むので、忙しい方には適しているといえます。

 

 

しかし、鼻の角栓がシビアな状態になっているなら、予洗いの後に鼻だけポイント洗顔をして、
すすいでから顔全体の洗顔をするという方法も効果的です。

 

 

もちろん、過剰な洗顔で肌が乾燥すると、毛穴を改善できないので、
洗浄力の穏やかな洗顔料を使いましょう

 

 

 

予洗い・鼻のポイント洗顔・顔全体の洗顔」のトリプルステップ洗顔を、
鼻の角栓と毛穴の治し方に選ぶなら、
そのあとのスキンケアを徹底することと、肌のコンディション確認を忘れずにしてください。

 

 

角栓も毛穴汚れもやり方を間違うとなかなか改善しないです。
改善しないと強引になってしまう人もいますがそれは肌を傷めてしまう原因になるので
やめましょう。

 

 

とにかく正しいステップを踏んで洗顔、ケアすることで徐々に角栓も改善してきます。
なかなか解消できない時は、一度やり方を確認してみるとよいと思います。

 

 

また、今では毛穴専用のケア商品も売っているのでそれらも上手く組み合わせて
使ってみるとより改善しやすいと思います。