いちご鼻の治し方は10代

いちご鼻とは?10代が知っておきたい

 

 

間違ったケアを続けていると、後々取り返しのつかない肌トラブルになる可能性も!
10代でのいちご鼻の治し方は重要です。
いちご鼻の原因や簡単で即効性のある治し方をまとめました。

 

 

 

いちご鼻とは、鼻周りの毛穴に皮脂や古い角質が詰まり、
それが酸化して黒いブツブツになったものが、
いちごの種のように見える鼻のことを指します。

 

 

 

洗浄力の強いもの、拭き取りタイプのクレンジング剤や洗顔料を使っていませんか?
毛穴パックのような、毛穴の角栓を除去するケアを頻繁にしていませんか?

 

 

 

Tゾーンが脂っぽく、保湿は化粧水だけに頼っていませんか?
手で鼻まわりを触る癖はありませんか?

 

 

これらに思い当たる人は、いちご鼻になる可能性がずいぶん高くなります。

 

 

また、10代の頃に間違ったスキンケアを続けていると、
20代、30代になって肌トラブルで悩むことも!

 

 

10代の頃から正しいスキンケアをしているかどうかも、
いちご鼻になるかどうかにおいて重要なことです。

 

 

 

↓目立ついちご鼻ケアするなら↓

いちご鼻ケア化粧液

 

 

いちご鼻になってしまうのはなぜ?

 

 

いちご鼻になるのは、皮膚から出る皮脂が過剰分泌されていることが主な原因です。

 

 

おでこから鼻のラインといったTゾーンは、どうしても皮脂の分泌が多くなり、
10代の人ならなおさら過剰になります。

 

 

余分に出た皮脂や古い角質、メイクの残りといった汚れが毛穴に詰まると、
角栓詰まりを起こします。

 

 

 

そして、皮脂や汚れなどで詰まった角栓が酸化し、毛穴が黒ずんできます。
この黒ずみを放置しておくと、大人ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖することに!

 

 

この角栓詰まりや黒ずみを解消しようと、
刺激の強い洗顔料や間違ったスキンケアをしてしまい、

 

 

結果、毛穴が大きく開いてさらにいちご鼻を悪化させてしまうことになるのです。

 

10代のいちご鼻の治し方は?

 

 

いちご鼻を治すためには、毛穴の汚れを取り除くことが一番です。
しかし、毛穴パックやシート式のクレンジングなどで無理やり取り除いたり、
剥がし取ったりするようなことは逆効果です。

 

 

一時的にキレイになったように感じますが、実は毛穴が開きっぱなしになり、
汚れがさらに入り込んで詰まりを悪化させることになります。

 

 

また、鼻の皮膚も傷つくため、その方法を繰り返していると、
お肌を刺激から守ろうと毛穴周辺の角質が厚くなり、角栓ができやすい状態になってしまいます。

 

 

いちご鼻を治すための一番の方法は、正しい洗顔!
正しい洗顔を続けていれば、諦めかけていたいちご鼻も必ずキレイに治ります。

 

 

 

洗顔のポイントはたった3つです。

 

まず、洗顔前にキレイに手を洗いましょう。

 

そして、洗顔料はたっぷりと泡立て、やさしく洗います。
決してゴシゴシこするような洗顔はしないでください。

 

最後に、洗い残しが無いようすすいでください。

 

 

特に、髪の生え際は丁寧にすすぎましょう。
お風呂に入ったら、まずどの部分を最初に洗いますか?

 

 

 

お風呂で洗顔する際は、洗う順番が大切です。
洗髪後、トリートメントを浸透させる間に体と顔を洗い、
最後にトリートメントを流すという人は多いのではないでしょうか。

 

 

この順番だと、せっかくキレイに洗顔しても、
トリートメントを洗い流す時にまた顔や体がトリートメントを浴びてしまうことになります。

 

 

時間はかかりますが、洗髪してトリートメントを終わらせてから、
体、顔の順に洗うのがおすすめです。

 

 

いちご鼻に限らず、肌が黒ずんでしまう原因は、
汚れをうまく排出できずに古い角質などが肌に残ったままになっているからです。

 

 

ターンオーバーがうまくできない原因は、洗いすぎや過剰なケア、また年齢の積み重ねです。
洗顔をしすぎると、肌が乾燥し、ますます皮脂の分泌が多くなるのです。
もちろん、洗わなすぎもいけません。

 

 

しっかり毛穴の汚れを落とせる、肌に優しい洗顔料を選びましょう。
肌の乾燥は大敵!

 

 

 

洗顔後はしっかり保湿することも大切です。
また、気になるからといって鼻をこすったり過剰に触ったりしないようにしましょう。

 

 

いちご鼻は、一日にしてできるものではありません。
面倒だから、疲れたから、そういった日々の積み重ねがいちご鼻を作っています。

 

 

毎日の正しい洗顔と保湿の積み重ねが、必ずいちご鼻を改善してくれるはずです。

 

 

1日で簡単にできる!即効性の治し方は?

 

 

いちご鼻に効く簡単な即効性処方が、ワセリンを塗る方法です。
ワセリンは、天然素材から搾取した原油からできています。

 

 

皮膚を守ってくれる高純度の保湿剤で、外部からの細菌や汚れなどをシャットアウトします。
またワセリンの油脂には、鼻に詰まった皮脂や角栓を馴染ませて溶かしてしまう働きがあります。

 

 

まず、軽く洗顔をして水分を拭き取り、鼻にワセリンを塗ります。
その状態で20分ほど半身浴を行い、その後洗い流せば終了です。

 

 

たったこれだけのケアで汚れが落ち、鼻の頭のザラツキやゴワつきがなくなります。

 

 

 

また、通常通り優しく洗顔をして鼻にワセリンを薄く塗り、
そのままマスクをして就寝すると、寝ている間に毛穴の汚れや角栓を取り除いてくれるので、
翌朝には小鼻の周りの角栓がなくなります。

 

 

入浴や就寝中以外でも、日中、家にいる間にワセリンを塗って放置しておき、
夜に洗顔することでも同じ効果が期待できます。

 

 

この方法は、即効性のある方法として紹介していますが、
効果の有無については肌状態が個人個人違いますので、必ず効果が期待できるとは限りません。

 

 

やはり、いちご鼻を正しく治すためには、
基本的なスキンケアをきちんと続けていくことが重要です。
正しい洗顔と保湿で、気長にいちご鼻と向き合いましょう。