いちご鼻早く治す方法

角栓を溶かす酵素で洗顔してみる

 

いちご鼻を隠すには、ファンデーションやコンシーラーを使用するのが早いですが、
これでは根本的な解決になりません。

 

 

そこで、スキンケアなどを活用していちご鼻を早く治す方法を考えてみましょう。
早く治したいという気持ちばかり焦ってしまうと思わぬ結果になりかねませんので
正しい方法を理解して取り組む事が大事です。

 

 

早く治す

 

 

いちご鼻で毛穴に詰まっている角栓は、その70%くらいがたんぱく質でできているといわれます
無理に押し出すよりも、この角栓を溶かして取り除くと、
いちご鼻を早く治す方法の効果をアップできるでしょう。

 

 

たんぱく質を溶かすには、植物性の酵素が効果的なので、
酵素を含有している洗顔に切り替えるのも良い方法です。

 

 

酵素洗顔も美容では注目されている方法になり、
ドラッグストアでも必要なアイテムを手に入れやすくなりました。

 

 

ただし、効果が高いことから1週間に1回程度の使用頻度が推奨されています。
過剰な洗顔で皮脂が失われると、
さらにいちご鼻が目立つようになる可能性があるので注意しましょう。

 

 

ヨーグルトパックの効果は?

 

いちご鼻の解消方法にも使えるのが、ヨーグルトパックです。
食品を使うため、とても低刺激でどなたでも使える方法でしょう。

 

 

フルーツ酸が含まれているので、
自然なピーリング効果を発揮して角栓や角質除去の働きが期待できます。

 

 

しかし、市販のピーリングアイテムよりも刺激が少ないため劇的な変化を求める方には、
効果に不満が残る場合があります。

 

 

1回の使用でいちご鼻を改善することはできませんが、
低刺激で毎日できるピーリングとしてはかなり便利に使えるでしょう。
コストパフォーマンスの良さでも注目されています

 

 

予想以上にいちご鼻を早く治す方法ではありませんが、
デイリーケアに組み合わせるといちご鼻を早く治す方法の1つに取り入れられます。
洗顔の前にパックを行いますので、肌に残らないように丁寧に洗い流してください。

 

 

洗い残しがあると雑菌の繁殖の原因になる可能性があるので、
十分に注意しましょう。

 

 

とても手軽にできる方法の1つですがニオイが苦手な方には不向きだと思います。
とくに乳製品が苦手だと難しいと思いますが、できる方はやってみてください。

 

見落としがちなUV対策

 

いちご鼻を治す方法では、洗顔の見直しや保湿のためのスキンケアの充実がお薦めされています。
もちろん、2つとも重要な役割を持っていますが、UV対策でもいちご鼻を早く治すことができます。

 

 

紫外線量は季節によって異なりますが、
1年中浴びる可能性があるので通年の紫外線対策が推奨されるようになりました。

 

 

鼻は紫外線を浴びる機会が多く、肌バリアダメージによって乾燥したり、
皮脂を酸化させることで黒ずみが生じたりする原因になります。

 

 

 

洗顔やスキンケアをレベルアップしながら、同時にUV対策にも力を入れておけば、
いちご鼻の原因を減らしながら早く治すことに繋がります。

 

 

意外と知らない方も多いかなと思います。
紫外線は肌に悪いのは誰も知っていますが、これがいちご鼻と関係あるとは
分からなかった!という人はぜひUV対策をしてみてください。

 

 

もしかしたら、紫外線量が多いときにいちご鼻が酷くなる場合は
紫外線が原因の可能性もあります。

 

 

さらに入念なケアを行わないといけません。

 

 

 

以上が早く治すための方法をいくつか紹介してきましたが
他の記事でも参考になることを書いているので合わせて読んでいただきたいです。

 

 

1つ共通していることは、状態によって変わってきますがとにかく早く治す方法は
正しいやり方を知り継続すること以外に方法はないと思います。

 

 

1日でも早く改善したい気持ちはわかりますが、肌は1日で変わりません。
数ヶ月は必要です。

 

 

それでも、正しいやり方を今やって目立たなくなることはあるので
あとは繰り返し合うやり方を続けてみてください。