鼻の毛穴でこぼこ解決!

鼻の毛穴でこぼこについて

 

鼻の毛穴がでこぼこする場合、毛穴がへこんでいるだけでなく、
毛穴周りの皮膚が硬化して厚みを持っていることも考えられます。
解消するのに時間がかかるタイプもありますが、解消方法を考えてみましょう。

 

でこぼこ

 

クレータータイプの毛穴

 

ニキビ跡の1つで有名なのがクレーターですが、毛穴でもケアの際の刺激が強いと、
防御機能から皮膚が固くなり、そのまま毛穴の形が固定されることもあります。

 

厚みを増した皮膚が目立つと、ピーリングで溜まった角質を強制的に除去したくなるでしょう。
しかし、さらに厚みを増す可能性があるので、保湿に重点を置いた毛穴ケアをするのがお薦めです。

 

ただし、低刺激で実践できるピーリングを用いるなら、毛穴の凸凹を解消しやすくします
鼻の毛穴を清潔な状態に保つ洗顔と、徹底的な保湿で固くなった皮膚を柔らかくするのが、
効果的なケアです。

 

角栓がなくならない毛穴

 

何度洗顔しても角栓が詰まっていて、その結果毛穴を小さくすることができないという悩みがあります。
鼻の毛穴に角栓が詰まっても、無理に取り除かないことが推奨されるので、
でこぼこが目立って困るでしょう。

 

丁寧な洗顔で徐々に角栓を減らしながら保湿するのが最も効率的ですが、
改善が見られないときには、ほかの方法も検討します。

 

 

例えば、コンビニなどでも販売している無糖の炭酸水を使った洗顔も効果があるといわれています。
炭酸水は角質のようなタンパク質汚れを落とす作用があるため、
鼻の毛穴に詰まっている角栓にも効果が期待できます。

 

もちろん、毛穴の周りの古い角質除去にも適しています。
注目されている酵素洗顔も、刺激を減らして毛穴の中まで洗浄し、古い角質の除去もできるので、
このようなケアを週末に取り入れながら鼻の毛穴のでこぼこ解消をしましょう。

 

でこぼこ向けの洗顔方法!

 

鼻の毛穴がでこぼこで気になるときは、洗顔にもひと手間加えましょう
蒸しタオル洗顔は週末のケアにお薦めですが、
この頻度を増やすことで肌を柔らかくする効果と、クレンジング効果を高められます。

 

毛穴の中に汚れが詰まって取れないときは、温めることで毛穴を一度開きます。
そうすることで、強い力を加えなくても毛穴の中まできれいに洗顔できます。

 

その後、ぬるま湯でクレンジングと洗顔をして、
最後に冷水もしくは収れん効果と保湿効果の高い化粧水で引き締めます。
後から毛穴に汚れが入り込まないようにするために、毛穴を引き締めるステップが重要です。

 

 

クレータータイプの毛穴ケアで取り上げた炭酸洗顔は、
頻度を上げても肌に負担をかけないといわれるので積極的に取り入れても構いません。
まずはこのようなケアを試してみてください。

 

それでもダメなら、当サイトで紹介しているオススメの毛穴ケア商品を使ってみるといいです。
とても良い結果が出ると思いますよ♪

 

まず最初は自分でできるケアを始めてから、さらに効果を出したいのであれば使ってみてください。
そして続ける事が目立たなくなるコツです。