鼻の毛穴がブツブツいちごで深い

毛穴の深さとその理由とは?

 

いちご鼻の原因の鼻の毛穴のブツブツは、深いほどケアが大変だといわれています。
ところが、効果的な方法を使えば、セルフケアでも十分に改善できるので挑戦してみましょう。
時間はかかると思いますが、今日から出来る方法を紹介します。

 

 

鼻の毛穴がブツブツ

 

 

鼻の皮膚は、顔の他の場所よりも、肌のターンオーバー周期が遅い傾向があります。
そのため、角質化しやすく毛穴が目立つといわれています。

 

 

また、皮脂の分泌量も多くなりがちなので、毛穴に皮脂が溜まりやすいのも特徴です。
さらに、鼻の毛穴は奥行きが深いことから、
その中に皮脂が溜まりやすいという条件がそろっているので、
ブツブツが集中してしまいます。

 

 

一度でも角栓を押し出したことがある方は、
角栓の長さと同じだけの毛穴の深さがあると考えてよいでしょう。

 

 

表面だけに効果がある洗顔やスキンケアの方法では、
簡単に解消できないという理由がわかります。

 

 

なかなか難しい面もありますが、出来ることから少しずつ始めてみましょう。

 

地道な洗顔が効果的!

 

鼻の毛穴が深いいちご鼻は、ケアをしてもブツブツがなくならないということではありません。
多少の遅れがあっても肌の新陳代謝はしているので、内側から角栓を押し出す力は残っています。

 

 

表面に出てくる角質を洗顔で少しずつ減らしながら、内側から押し出す新陳代謝を促進することで、
深い毛穴のブツブツも時間をかけて改善することができます。

 

 

さらに、洗顔前に肌を温めて毛穴を開き、
洗顔後に肌を冷やして毛穴を皮脂決める方法を取り入れるのも有効です。

 

 

 

肌の新陳代謝促進は、スキンケアでも回復しますが、
さらに食事でも肌に効果的な栄養を取ることで活性化することができるでしょう。

 

 

浅い毛穴のケアは早く効果を実感できますが、
毛穴が深くなっているときは、時間と手間をかけたケアが最も効果的です。

 

 

焦らず行う事が大切で、肌はすぐには改善されません。
どんなに凄い有効成分でもやはり時間はかかります。

 

 

ですので、毎日行う事もそうですが、気長に待つことも大切ですね。

 

深い毛穴の角栓除去方法!

 

毛穴が深い時は、角栓がなくなるまでに時間がかかります。
少しでも早く治したいと思うなら、洗顔は洗浄力ではなく吸着力で選びましょう。

 

 

泡洗顔は、小さな泡が肌の汚れを吸着するので、肌に刺激を与えない特徴を持っています。
洗顔料に汚れの吸着力があり、その洗顔料を使用した泡洗顔をすると、
毛穴汚れの解消がスムーズです。

 

 

はがすタイプの角栓取りパックは、吸着力をはるかに超えた粘着力で角栓除去をしています。
そのため、すっきりきれいになると使っている人が多いですが、
問題なのは角栓だけでなく周りの角質も無理にはがしてしまうことです。

 

 

 

パックをはがした後に、鼻の皮膚が赤くなったという経験をした人もいるでしょう。
ダメージの蓄積で、鼻に角質が蓄積しやすく、結果的に肌の新陳代謝低下も招くので、
ブツブツのいちご鼻ケアには向いていないといわれるようになりました。

 

 

洗顔をしていて自然に減る程度の変化が、肌に刺激を与えないレベルだと覚えましょう。
この考え方ができると、地道な努力にストレスを感じることもなくなります。

 

 

焦るば焦るほど、逆に悪化してしまう事にもなりかねませんので、
刺激が強いケアは避けましょう。

 

 

深いブツブツいちご鼻はとくに時間がかかるのはしょうがないです。
ですが、絶対に綺麗になる!という強い気持ちを持って取り組んでほしいです。

 

 

もし自己ケアでは難しい場合は、専用のケア商品もあるので
自分ではどれを使えばいいのかわからない時は頼ってみると良いと思います。

 

 

詳しくは当サイトのトップページの下部で紹介しているので
気になる方はチェックしてみてください。