20代の鼻黒ずみケア

スクラブ洗顔をストップ!

 

 

鼻黒ずみに悩む20代は多いですが、
積極的にしているケアをアレンジすることで黒ずみ解消が効果的になる場合もあります。

 

 

正しいケア方法を身につけて、鼻の黒ずみを改善しましょう。
20代の方で気になる方はぜひ読んでくださいね。

 

 

20代

 

 

スクラブ洗顔は、肌の角質を落とすことや毛穴の黒ずみと角栓を除去するパワーを持っています。
ただし、何をスクラブの粒に使用しているのかで、その効果には大きな違いが出ます。

 

 

今ではほとんど見かけなくなった硬質タイプのスクラブは、
使用している間に粒が小さくならないので、力を入れるほど洗浄力がアップし、
それとともに肌ダメージも大きくなります。

 

 

肌を守るための仕組みが働いて角質が厚くなるなど、逆効果になる可能性があるので、
肌につけている間に溶けて小さくなる柔らかいスクラブを使ったものに変更しましょう。

 

 

 

また、使用頻度も1週間に3回は多いので、2回以下で調整するようにしてください。
毎日スクラブ洗顔をされている方はやめた方がいいです。

 

 

洗浄力は強いので汚れが凄く落ちる気がしますが、それと同時に肌はダメージを受けてしまいます。
ですので、毎日使わずに使用回数を減らす方がいいですね。

 

 

とにかく肌は傷つきやすいので覚えておきましょう。

 

鼻黒ずみケアにはふき取りオンリーのクレンジングをストップ!

 

 

夜遅くに帰宅することも多い20代は、
クレンジングをシートタイプやクリームをつけて
ふき取るタイプで済ませている人が目立ちます。

 

 

クレンジング成分の効果に大きな差はないものの、
洗い流さない分メイク残りがあると思って構いません。

 

 

ぬるま湯で洗い流すことで、不要な角質を柔らかくして洗い落とし、
さらに洗顔のすすぎで肌に水分を補うこともできます。

 

 

 

鼻の黒ずみが目立つのは毛穴の開きも原因の1つなので、
クレンジング剤をつけメイクを溶かしてから、

 

 

ぬるま湯で洗い流す方法に変更したほうが効果的です。

 

 

忙しかったり面倒だったりとケアを怠ってしまうと
鼻もそうですが毛穴も汚くなっていきます。

 

 

分かっていてもどうしてもどうしてもという方でも
ふき取るだけではなく、しっかりと洗い流すように心がけましょう。

 

 

キレイな鼻を手に入れるためには欠かせませんね。

 

20代は外食だけに頼るのをストップ!

 

 

スキンケアとは異なる方法も取り上げておきましょう。
20代の人の中には、ファストフードを始めとした外食を利用する機会が多いでしょう。

 

 

手軽に食事ができて便利ですが、脂肪分の摂取が多すぎると指摘されています。
また、食物繊維の摂取が少なくなるので、便秘や関連したニキビに悩む人も目立ちます。

 

 

そして、鼻の黒ずみの原因となる皮脂分泌が過剰になる原因にもなっているので、
外食の回数を少なくするなどの工夫をしてみましょう。

 

 

 

サラダを1品増やすだけでも、肌コンディションには違いが出ます。
忙しくて自炊する時間がないという人も多いので、
コンビニのサラダを活用するなどの方法をを取り入れてみましょう。

 

 

食事はとても大事です。外面だけケアしていても食べ物が偏っていては
改善も難しいです。

 

 

基本は野菜や果物が良いです。毎日摂りつづける事が理想です。
とくにお菓子や脂分の多い食べ物はなるべく避けましょう。

 

 

 

最初はなかなか難しいかもしれませんが、キレイになるためには
食事にも気を遣う事です。

 

 

私も食事を少し変えただけで肌に変化がありました。
その時、食べ物の重要性に気づきましたね。

 

 

内面そして外面の両方のケアが大事です!

 

20代でも室内でも日焼け止めは必須!

 

 

20代は肌バリアの減少に悩むことはありませんが、
他の年代と同じく紫外線ダメージは受けています。

 

 

回復力はまだ高いですが、紫外線によって皮脂が酸化すると黒ずみになるといわれています。

 

 

鼻は顔の中でも高さがあり紫外線を浴びやすいパーツなので、
室内にいるからと油断せず、日焼け止めを塗ることが推奨されています。

 

 

 

紫外線の影響で酸化しないようにできれば、鼻の黒ずみを改善するのは難しくありません。

 

 

意外と忘れているというか知らない方も多いかなと思います。
紫外線も黒ずみの敵です!

 

 

できれば紫外線対策も取り入れたほうがいいですね。
外出時は、帽子をかぶったりするなどの出来る限りの対策をしましょう。

 

 

あとは、なるべく窓辺に近づかないなどちょっとした事ですが
ただあまり神経質になるとストレスになると悪いので
ほどほどに対策した方がよいと思います。